ホワイトルマンの口コミまとめ

シミに効果があるとSNSなどの口コミでも話題となっているホワイトルマン。

ホワイトルマンには様々な口コミが寄せられており、すべての口コミを信じて良いのか不安になるところ。
特にモニターの口コミ評価は口コミというよりも商品説明ばかりであてになりません。

口コミの中で本当に知りたいのは、美白に効果があるのか、ないのかですよね!
また、ホワイトルマンは第3類医薬品に部類されているので効果だけではなく副作用に対する口コミも気になります。

そこで今回はホワイトルマンの購入を考えている皆さんが参考できる口コミをまとめてみました!
ホワイトルマンの良い口コミだけでなく悪い口コミも調査してるので、どちらも気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ホワイトルマンの良い口コミ

ホワイトルマンの良い口コミにはシミへの効果を感じた方はもちろん、他にも体や肌に対して効果を実感した方もいるようです。

  • ホワイトルマンを使い初めてから肌の調子がとても良くなってきました!
  • 肌のくすみがなくなり、トーンアップしました。
  • 最近友達に肌きれいになったねと褒められて嬉しいです!
  • 子どもに付き添って外出することが多いので飲んでいますが、派手に日焼けをすることがないのでとても重宝しています。
  • シミが薄くなってきて感動!美白系アイテムいろいろ試してきたけどこれが一番効果が実感出来ました。
  • 顔にできていたブツブツやデコボコがなくなりました。
  • 塗る日焼け止めで肌が荒れるので、飲むだけで効果があるから助かります。
  • 大量にお酒飲んでも二日酔いしなかった!
  • 一日2回飲むだけだからラク

ホワイトルマンの口コミを見てみると肌を友人に褒められた方やトーンアップに効果を感じた方がいるようですね!
ちなみにホワイトルマンの口コミには、全体的に良い口コミの割合が多く感じました。

ホワイトルマンの悪い口コミ

ホワイトルマンの悪い口コミには、主に効果を実感することができなかったという評価がありました。

  • 30日分を毎日飲みましたが効果はありませんでした。
  • 即効性はありませんでした。残念。
  • うーん、本当に効果があるのかわからない。
  • 金額が高いです

悪い口コミに副作用に関する情報が出てくるかなと思ったのですが、現在出ている口コミの中にはホワイトルマンで副作用を感じたという口コミは見受けられませんでした。

ホワイトルマンの@コスメ(アットコスメ)での評価

@コスメでのホワイトルマンの評価を調べてみましたが、口コミはありませんでした。
ホワイトルマンの口コミが掲載されたタイミングで紹介させていただきます!

口コミから見えてくるメリット・デメリット

ホワイトルマンの口コミを見ているとメリット・デメリットがよく見えてきますね!
ホワイトルマンの口コミのメリットにはシミだけじゃなく美肌効果にも期待出来るところが評価されていました。
対してホワイトルマンの悪い口コミには、飲んでも効果が分かりづらいというデメリットもあります。

具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのかを、先程の口コミを踏まえながらわかりやすくまとめてみました。

ホワイトルマンの利用メリット

ホワイトルマンの口コミでも多かったメリットが、日焼け止めやシミ、美肌、二日酔い防止への効果。
これはなんとなく感じた口コミではなく、きちんとシミへの効果を感じている口コミなんです。

なぜその口コミが確実かと分かるのかというと、医薬品にしか配合することができないL-システインが、ホワイトルマンには最大量配合されているからです。
L-システインはシミを改善すると認められている成分だから、きちんと定められた用量を服用するだけでシミに効果が現れるんです。

この成分があるからこそ効果を感じたという口コミにも納得できますよね!
全身に効くから、気になるところのシミにいちいち塗ったりしなくてもいい手軽さがあり、時短になります◎

また、ホワイトルマンの口コミにもあったようにシミだけでなく日焼け止めとして紫外線対策をすることもできます。
これはL-システインとそれを支えたり、効率良く機能させることができるビタミン類が一緒に配合されているから発揮出来る効果なんです。

これにより速やかにシミやくすみの原因となるメラニンの生成を妨害し、肌のターンオーバーを正常化させるので透き通るような白い肌を叶える事ができるんです!
とことん美白ケアをしたい方にとってはシミケアと紫外線対策の2WAY機能は嬉しいところですよね。

口コミでも子どもに付き添って日焼けをしやすいと書いていた方がいましたが、お母さんだけでなく7歳以上であれば子どもでも飲むことができます。
親子で愛用できるところも嬉しいメリットです!

さらにホワイトルマンの口コミで注目を集めていたのが整肌効果です。
美肌に嬉しいビタミンB2・ビタミンB6 ・ビタミンEが配合されているだけあり、口コミにも書いてあったように顔の気になるブツブツが収まりきれいに整えてくれるんです。

特にビタミンB2には荒れてしまった皮膚を再生するだけでなく、保護する役割もあります。

例えば乾燥肌の方・敏感肌の方には皮脂を程よく分泌して肌バリア機能を向上させてくれます。
また、脂性肌で肌のベタつきが気になる方には、皮脂バランスを整えて健康的な肌の状態をキープしてくれるんです。

また、ホワイトルマンに含まれる天然ビタミンEはニキビの元になる皮脂の酸化を防ぎます。
さらに血行促進効果もあるため、乾燥肌で血流の流れが悪く肌がカサつきやすい方にもおすすめの成分です。

このようにシミ対策だけでなく、あらゆる肌の悩みを改善してくれる成分がバランスよく配合されているのです。
だからホワイトルマンで肌がきれいになったという口コミが多いんですよ!

そして最後は二日酔い防止です。
ホワイトルマンを飲んでおくと二日酔いしなくなったという口コミもありましたね。
これもL-システインの効果で、アセトアルデヒドを無毒化することで二日酔いを防止してくれるんです!

お酒を飲むと体内のビタミンB群が大量に失われていくため、にきびができやすくなります。
L-システインだけでなく、ある程度ビタミンBを補給できるところもありがたいですよね。

しかもホワイトルマンのすごいところは服用するタイミングはお酒を飲む前でも、飲んだ後でも良いというところ。
つい飲みすぎてしまったと思った後に飲んでも充分効果を発揮してくれるんです!

このように、ホワイトルマンの口コミからはたくさんのメリットが見えてきました。
口コミで高評価を受けるにはそれだけの理由がきちんとあるんです。

ホワイトルマンの利用デメリット

ホワイトルマンの悪い口コミから見えてくるデメリットは、効果を感じにくい、即効性がないというところでした。

ただし、効果を感じないという口コミを投稿している人にはホワイトルマンの使用を1ヶ月以内でやめてしまっているという共通点があります。
肌のターンオーバーには2〜3ヶ月かかるので、最低でも3ヶ月は継続してから効果を見たほうがいいでしょう。

そのため、口コミにあったようにシミに対しては残念ながら即効性はありません。
悪い口コミを調査していくと、薬だから速攻で効くと思って購入する方もいるのですがそれは間違いです。

ホワイトルマンの公式サイトでも肌のターンオーバーに合わせて3ヶ月の使用を推奨しています。
きちんと継続することで効果は感じやすくなるので、もし1ヶ月で効果を感じないという方はまずは3ヶ月使ってみてからもう一度判断してみてください!

また、ホワイトルマンの悪い口コミでは金額が高いと感じる方もいるようです。
ホワイトルマンはアメリカの薬学者と共同で開発された製品。

あの、あらゆる肌質に合わせたスキンケアを開発したビーグレンの薬学者、ブライアン・ケラーさんが監修しているからこそ、スキンケア視点でのインナーケアが叶うのです。

口コミでは金額が高いという評価がありましたが、その品質の高さを考えると価格の高さにも納得がいきますよね。

また、ホワイトルマンの類似品の口コミを調査しているとある程度(5,000円以上)の価格で、品質の良いものじゃないと効果が感じられないという方もいます。
配合量が同じでも品質によって効果の感じやすさが変わってくるようです。

それでも高い!と感じる方は定期コースを利用してみるととても安く続ける事ができます。
ホワイトルマンは定価が税込み7,171円ですが、定期コースを利用すると5,378円になります。
しかも定期コース初回は2,868円ととてもお得なんです。

まずは3ヶ月きっちり使ってみたい方はこのように安く購入する方法もあるので、定期コースを利用してお得にシミケアをしてみてください!

ホワイトルマンの類似品と比較

ホワイトルマンの他にもL-システインを配合していたり、シミに効果的だと口コミでも評判の類似品はたくさんあります。
ではそれらの類似品とホワイトルマンにはどのような違いがあるのでしょうか。

ここではホワイトルマンと口コミ評価の高い以下の類似品を比較しています。

  • ロスミンローヤル
  • トランシーノ
  • キミエホワイト
  • ホワイピュア

どれも第3類医薬品で、L-システインを配合しているアイテム。
もちろんシミへの効果の他にも、ホワイトルマンと似たような効果が得られることができると口コミでも話題になっています。

ホワイトルマンも魅力的だけど類似品の口コミを見てどれを選ぶか迷っている方に、ここでは類似品を比較してそれぞれの特徴やポイントをまとめています!
ぜひチェックしてみてください◎

ホワイトルマン vs ロスミンローヤル

ロスミンローヤルはシミだけでなく小じわにも効果がある医薬品です。
L-システインの他にもビタミンCなど、22種類の有効成分が含まれています。
そのほかにもロスミンローヤルの特徴を、わかりやすくまとめてみました。

  • 9種類の生薬が配合されている
  • 新陳代謝を上げる
  • 血液の流れを改善する
  • にきび予防
  • 冷え性・肩こりの緩和

これだけを見ると、ホワイトルマンよりもロスミンローヤルのほうがシワにも効果があるからお得感があっていい!と思いますよね。
実際に口コミを見ても、シミとシワどちらも治ればいいなという感覚で始めている方が多いようです。

でもロスミンローヤルの配合量をよく見てみると、L-システインは160mg、ビタミンCに関しては180mgしか配合されていません。
シワや冷え性などには良いかもしれませんが、ホワイトルマンに比べるとシミケアには少し物足りなさを感じる成分量ですね。

また、シワを改善する成分として生薬が記載されていますが、生薬は基本的に各々の体質に合わせて調合するものです。
そのため、使用した方の口コミでは体に合わなかったり副作用が出たという声もありました。

生薬というと安全なイメージもありますが、体質によっては合わないリスクを伴います。
もしロスミンローヤルを選ばれる際は、回数縛りがない定期コースで自分の体質に合うかを判断してから継続したほうがいいでしょう。

さらにロスミンローヤルは1日3回、食後に3錠飲まなければならず、けっこう負担がかかります。
飲んだ方の口コミの中には1日3回だとついつい忘れてしまい、続けることが難しいと感じる方もいました。

特に外出が多い方や、正しい食生活を送れていない方にとっては毎食後に飲むという決まりはちょっと厳しいかなと思います。

価格も今回比較しているホワイトルマンの類似品の中では一番高く、30日分で税込み8,208円もしてしまいます。
シワも改善してくれる生薬が配合されているからこの価格なのかもしれませんが、シミ改善だけを目的にしているならもっとL-システインやビタミン類がほしいなというところ。

ロスミンローヤルはどちらかというと集中美白ケアをするのではなく、女性のあらゆる悩みにまんべんなく効くというイメージが強いですね。

それに比べるとホワイトルマンは1日2回、1回につき3錠飲むだけで効果を実感することができます。
成分に関してもL-システインが最大量の240mg、ビタミンCはなんと1000mgも配合されているんです!

これから出来るシミへの予防やある程度の整肌対策もできるので、集中的にケアをしたい方には断然ホワイトルマンをおすすめします。

ホワイトルマン vs トランシーノ

ホワイトルマンと有効成分の配合量が同じトランシーノCクリア。
口コミでも、他商品とよく対比されやすいアイテムです。

トランシーノはL-システインを240mg配合、さらにビタミンCも1000mgとたっぷり配合されています。
その他のトランシーノの特徴をわかりやすくまとめてみたので、まずは以下をご覧ください。

  • ニコチン酸アミドが配合されている
  • L-システインが最大量配合されている
  • 価格が安い
  • 服用は1回2錠でいい(15歳以上の場合)

トランシーノは、ホワイトルマンには配合されていないニコチン酸アミドも60mg配合されています。
このニコチン酸アミドは血行を良くし、肌荒れの改善への効果があります。

また、ニコチン酸アミドは皮膚内に存在する成分でもあり、角質層にあるセラミドの合成をサポートしてくれます。
セラミドは皮膚内の水分保持をになっており、セラミドの量が減ると肌の水分量が減ってしまい乾燥肌につながるのです。

そんなセラミドを支えてくれるので、ニコチン酸アミドは乾燥肌さんにも嬉しい成分ですね!
さらにトランシーノは医薬品なので、ニコチン酸アミドに対してメラニンの生成を抑えてシミを防いでくれる効果にも期待できるでしょう。

また、価格もホワイトルマンに比べて30日分が税込み2,808円と続けやすい価格帯。
1回につき飲む量も2錠でいいので負担は少ないですよね。

しかしトランシーノの口コミをチェックしてみると、粒が大きくてつるつるとしている錠剤なのでとても飲みにくく感じたり、肌に湿疹ができるなど、人によっては合う合わないが分かれています。
安いだけあり、品質はそこまで高いものではないようです。

対してホワイトルマンは日本の製薬会社とアメリカの薬学士ブライアン・ケラー博士が協力して開発した商品。
アメリカと日本のテクノロジーをかけ合わせているから、より品質が高いんです!
この価格の差はやはり品質の高さに違いがあるのではないでしょうか。

ホワイトルマン vs キミエホワイト

キミエホワイトはリニューアルされキミエホワイトプラスに生まれ変わりました。
リニューアル後はL-システインが160mgから240mgに配合量がアップ。
まずはキミエホワイトの特徴をまとめて簡単に見てみましょう。

  • 一回1錠
  • パトテン酸カルシウム配合
  • にきび・湿疹・かぶれに効く
  • L-システインが最大量配合されている

キミエホワイトは、L-システインの他に有効成分がビタミンCとパトテン酸カルシウム(ビタミンB5 )しかなく、ビタミンCに至ってはホワイトルマンでは1000mg配合のところ500mgしか入っていません。

パトテン酸カルシウムは確かにビタミンCの働きを助けてにきびなどの肌荒れを防ぐ作用がありますが、美肌成分として注目が高いビタミンB6とビタミンB2が入っていないところがもったいない!

にきびケアをするならビタミンB6とビタミンB2がとてもいい働きをしてくれるのに…と成分表をみながら思いました。

にきびケアだけでなく、ビタミンB6はL-システインのようなアミノ酸をサポートしてくれる役割があります。
それなのにビタミンCしかL-システインをサポート出来ていないところが残念です。

ビタミンB5 は抗炎症作用の他に毛髪成長の促進や白髪予防効果があるので、もうしかしたら「L-システインは白髪になる」という都市伝説対策として入れちゃったのかな?と勘ぐってしまいます。

ちなみにL-システインは白髪になる論文など一切発表されていない不確かな情報なので、安心してください。

といってもビタミンB5は毛髪を健やかに整えたり、強力な保湿効果で肌に弾力を与えることができる魅力的な成分でもあるので摂取する分には良いと思います。
特に乾燥肌さんや、乾燥敏感肌さんには飲みやすいお薬なのではないでしょうか。

ただ、それでも定価が4,536円もするので、ちょっと高いなと思います。
口コミ評価では3〜6ヶ月使用した方でもあまり効果を感じなかったという方が結構いらっしゃいました。

ホワイトルマンには確かな成分や開発による品質の高さから効果を感じやすくなっています。
だからこそ納得のいく価格なのですが、キミエホワイトは配合されている成分や配合量に不満を持ってしまうかも。

美肌やシミ効果に関してはビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンEを含むホワイトルマンのほうが一枚上手かなという印象がありますね。

ホワイトルマン vs ホワイピュア

ホワイピュアはパッケージが新装されて、瓶ではなく開け締めしやすいチャック付きの袋になったので処分がとても楽になりました。
こういう細かいところまで気を使ってくれるアイテムっていいですよね。
ここで一度ホワイピュアの特徴をまとめて見てみましょう!

  • 袋パッケージで処分しやすい
  • L-システインが最大量配合されている
  • 定期コースに薬用美白クリームがついている
  • TVやメディアで紹介されている

成分はL-システイン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEがホワイトルマンと変わらない量で配合されており、服用回数もホワイトルマンとまったく同じなんです。

ホワイピュアは定期コースに美白クリームがついていたり、定期縛りがないためとてもサービスが良く感じられます。
しかし、品質の高さや安全性が高いのはホワイトルマンの方のようです。

ホワイピュアの口コミを調べると、効果を感じたという口コミもありましたが胃に不快感や腹痛を感じたという口コミが見られました。

一応ホワイトルマンも医薬品なので、副作用として腹痛がある場合もあると書いてあるのですが、口コミには胃が痛くなったという情報はほとんどなかったんですよね。
もしホワイピュアを使用する場合は胃に負担がかかりにくい食後に服用するなどして、飲むタイミングに気をつけたほうが良さそうです。

また、価格も定期コースであればホワイピュアは30日分税込み5,324円、ホワイトルマンは5,378円。
定価ではホワイトルマンがとても高く感じますが、定期コースとして続けていく場合はそこまで金額に差はありません。

より高品質なものを求めている方は、ホワイトルマンの定期コースがとてもお得ですよ!

まとめ

先程比較したホワイトルマンと類似品をまとめてみました。
こうしてまとめてみると各アイテムのメリット・デメリットが見えてきますよね!

※表示価格はすべて税込み価格です。

ホワイトルマンと類似品比較
ブランド ホワイトルマン ロスミンローヤル トランシーノ キミエホワイト ホワイピュア
価格 定価:7,171円
定期初回:2,868円
(2回目以降5,378円)
定価:8,208円
定期初回:2,052円
(2回目以降6,264円)
定価:2,808円 定価:4,536円
初回:2,052円
定価:6,264円
定期初回:2,052円
(2回目以降5,324円)
服用量 15歳以上:1回3錠、1日2回
7歳以上:1回1錠、1日2回
(7歳未満は服用不可)
15歳以上:1回3錠、1日2回
(15歳未満は服用不可)
15歳以上:1回2錠、1日2回
7歳以上:1回1錠、1日2回
(7歳未満は服用不可)
15歳以上:1回1錠、1日3回
(15歳未満は服用不可)
15歳以上:1回3錠、1日2回
7歳以上:1回1錠、1日2回
L-システイン 240mg 50mg 240mg 240mg 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg 180mg 1000mg 500mg 1000mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg 10mg 6mg 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg 5mg 12mg 12mg
コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンE) 50mg 50mg 50mg
その他有効成分 上記を除く18種類の有効成分配合 ニコチン酸アミド(ビタミンB3) パトテン酸カルシウム
効果 シミ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着の緩和。
歯ぐきからの出血、鼻出血の予防。
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期のビタミンC補給。
シミ、そばかす、ニキビ、肌荒れ、小じわの緩和。
肩こり、腰痛、神経痛の緩和。
のぼせ、耳鳴り、めまいの防止。
冷え性、手足の冷感、腰部冷感の防止。
妊娠授乳期、病中病後、肉体疲労、食欲不振などの栄養補給。
シミ、そばかす、日焼け、かぶれによる色素沈着。
肉体疲労時、妊娠、授乳期、病中病後の体力低下時、老年期のビタミンC補給。
歯ぐきからの出血、鼻出血の予防。
シミ、そばかす、日焼けなどの色素沈着の緩和。
ニキビ、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ、全身倦怠、二日酔い防止。
シミ、そばかす、日焼け、かぶれによる色素沈着の緩和。
歯ぐきからの出血、鼻出血の予防。
肉体疲労時、妊娠、授乳期、病中病後の体力低下時、老年期のビタミンC補給。
品質・副作用など
パッケージ

価格はトランシーノが一番安いのですが、定期コースであれば2回目以降の価格を比べるとそこまでの金額に差はなく、ホワイトルマンも続けやすい価格なのではないでしょうか。
改善や予防出来る効果はロスミンローヤルが一番多いのですが、全体と比べても美白成分がとても少ないところが目立ちますね。
美白だけの効果を求めている方には合わないかもしれません。

キミエホワイトは上記でも書いてあるとおり、ビタミン類の配合が少ないのでL-システインがしっかりと働いてくれるのか気になるところ。

このように総合して比較してみると、ホワイトルマンは他の美白医薬品に比べて価格が高いと感じてしまいますよね。
でもアメリカの薬学士との共同開発をしているだけ品質が高く、美白に特化した成分配合だという事が分かります。

本気のシミケアをするのであれば、まずはホワイトルマンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

更新日:

Copyright© ホワイトルマンの効果「3か月でシミが消えた!?」口コミ・体験談 , 2019 All Rights Reserved.